マッチングアプリペアーズで婚活している俺に友人が説教しはじめた話

マッチングアプリペアーズで婚活している俺に友人が説教しはじめた話

マッチングアプリのペアーズ(Pairs)の話をしようと思う。

と言うのも、大学卒業して10年ほど彼女がいない。(大学時代一瞬いた。)

会社でも友達でも周りを見渡すと、大体結婚しているか長年の彼氏彼女がいる、と言う輩が多い。

大学時代からアイドルにハマり、女性の趣味がもっぱらフリフリした若くて可愛い子、という偏った趣味になってしまったので、

同年代の女性に関心を持たずに過ごして10年以上、地元の高校時代のグループで唯一独身なのが自分ひとりになった。

この前の正月に帰省した時、恒例の集まりで友人2人が説教しはじめた。

友人A:「お前いつまで自分のこと若いと思ってんだ」

友人B:「結婚ってほっとけばそのうちできるもんじゃないぞ」

痛い言葉たちである。

友人A・B:「お前とりあえずマッチングアプリやったらどうだ?」

というわけで一番利用者が多くて知名度が高いという「ペアーズ(Pairs)」というマッチングアプリを始めることにした。

マッチングアプリペアーズで婚活をはじめた

マッチングアプリで今一番人気があり、利用している人が多いと言われている「ペアーズ(Pairs)」がどんなマッチングアプリなのか簡単に説明しておこうと思う。

「ペアーズ(Pairs)」:株式会社エウレカ運営の会員数1000万人を超えた国内最大級のマッチングアプリ
2016年から運営を初め今や日本全国に利用者が広がる。
現在約10万のコミュニティが存在し、自分の趣味や、好きなものをアピールするために利用されかつ、同じ趣味や価値観を持つ相手を探すことができる強力なツールとなっている。

ペアーズの公式ページ

とにかく、ペアーズは人気のマッチングアプリってことで選んだのだが、マッチングアプリの経験は今まで無し。

マッチングアプリに関する知識はニュースで詐欺にあったとか、殺人事件があったとかあんまりいい印象はなかった。

Twitterをみていたら広告が流れてきて、「こんな子と出会える!」という広告を「ふ〜ん」と流す程度。

いざ自分がやると思ってなかったからノー知識と言っても過言じゃないくらいだ。

なのでマッチングアプリを始めようと思って調べて驚いたことをまとめてみた。

  • マッチングアプリは男性は有料
  • 年齢確認しないと使えない
  • 自分の写真を設定しないといけない
  • 基本情報の入力が細かい

マッチングアプリは男性は有料

これは知らない人もいるんではないだろうか。

マッチングアプリは男性はメッセージのやり取りをする段階で「有料会員」にならないとメッセージができない。

しかもマッチングアプリごとに料金も違う。

したがってアプリを始める前に月いくらかかるのか調べておく方がいいと思う。

ペアーズの料金

というわけで、ペアーズの料金はこちら。

1ヶ月プラン3,600円はマッチングアプリの中は安い部類に入ると思う。

マッチングアプリによっては月額(1ヶ月)6,000円ほどのアプリもあるくらい。

予め長期プランに加入しておいた方が1ヶ月の負担は少なくなるが、12ヶ月も必要かと考えると微妙。

マッチングアプリだと平均して3〜4ヶ月で恋人できる人が多いらしいので、長くても3ヶ月程度で良さそう。(楽観視しすぎ?)

有料会員 クレジット決済 Apple ID決済 Google Play決済
1ヶ月プラン 3,590円 4,300円 4,100円
3ヶ月プラン 2,350円/月 3,600円/月 2,560円/月
6ヶ月プラン 1,830円/月 2,400円/月 1,940円/月
12ヶ月プラン 1,320円/月 1,733円/月 1,430円/月

ペアーズ初めて1ヶ月マッチングなし

というわけで始めてみました、ペアーズ!

サクサクと生年月日や居住地、相手の希望などを入力してスタート。

ところがここでまず悩ましいことが…

そう、写真の設定。

先にもまとめた通り、マッチングアプリでは写真を設定しないと使えない。

しかも、顔がわかるものじゃないと承認されない笑

マッチングアプリ始めようと思った人、多分まずここで一回断念しそうになると思う。

そしてさらに心折れる自体が発生する。

始めて1ヶ月誰からも「いいね!」が無い…

自分から送った3人からも「ありがとう」なし。なんだこれ。

マッチングアプリでマッチングしない、なんてことあるの!?

ここでまた一旦心が折れる。

写真で悩む

マッチングアプリの写真ってどんなのがいいのかほんとわからない。

なんか決めすぎてんのもどうかと思うし、証明写真みたいなのもどうかと思う。

「マッチングアプリの写真」で調べると、笑顔で人に撮ってもらおうっていうのをよく見るけど人に笑顔の写真撮ってもらうなんて恥ずかしくないか…

プロフィールで悩む

あとプロフィールはほんとに悩む。

なんて書いていいかわからん。

年収とか、職種も細かいところまで選ぶようになっているし、正直ここまで詳細な情報載せるのも危険じゃないか?とまで思い始める。

ペアーズだと、年収証明、独身証明の書類提出とかがないので、既婚でもできるんじゃないか…?

マッチングアプリで結婚した友人に相談

マッチングアプリを始めてもマッチングしないので、しばらくの間放置。始めた時はけっこーやる気があったんだけど、昔からの飽き性が出たのか、からっきしやらなくなったある時。

大学の友人と飲んでいたら、そいつが来年マッチングアプリで出会った人と結婚するって話をしてきた。

こんなところでもマッチングアプリか、ほんとに使ってる人多いんだな、と他人事に聞いていたんだが、ふと聞いてみた。

「俺もマッチングアプリやってたことあるんだけど、あれ全然マッチングできないんだけど、なんかコツあるの?」

で、久しぶりにログインした俺のペアーズのマイページをみてもらったんだけど、そこから友人の怒涛のダメ出しが始まった…。

友人のダメ出しその1:写真が汚い

友人:「まず写真、汚ない。なんだこれ、拡大しすぎだろ」

そう、良さげな写真がなかったのでいつかの友人の結婚式の集合写真の自分のところだけ拡大させたやつを使用

かろうじて笑顔だった唯一の写真だったがこれはダメらしい。

友人:「無理に笑ってなくてもいいけど、写真が粗いと印象が悪いぞ。いいか、マッチングアプリは写真が7割だ。」

友人曰く、写真にほとんどの力を注いだ方がいいとのこと。

プロに撮ってもらうくらいの用意が必要らしい。でも流石にそれは無理なんで、その場で友人に写真を撮ってもらった…(恥)

自撮りより断然人に撮ってもらう写真を用意した方がいい。

友人のダメ出しその2:自己紹介が雑

友人:「自己紹介が”よろしく〜”だけはないわ」

自己紹介は人柄出やすいとこらしい。

一言で許されるのはイケメンに限る。

基本的に趣味や仕事のことを少し書いておく方が好印象とのこと。ふむふむ。

友人のダメ出しその3:消極的すぎる

友人:「自分からいいね!したの3人ってのはダメだわ〜」

友人曰く、マッチングアプリだと女性から男性に「いいね!」を送ることは少ないらしい。

つまり、最低でも男性側から1日5〜6人以上にいいね!を送っていかないと、なかなか成果は得られないらしい。

マッチングアプリって思っていたより手間がかかる。

友人のダメ出しその4:ペアーズやるならコミュニティに入る

友人:「ペアーズやってんのに、コミュニティ入って無いじゃん」

友人曰く、マッチングアプリそれぞれに特徴があるらしいが、特にペアーズはコミュニティが豊富。

自分の趣味や価値観のアピールになるので、いくつか加入することが大事。

しかも検索時に共通のコミュニティの相手を探す人も多いから、必ずコミュニティに入っておくべし!とのことだった…

いや、俺全然ペアーズもマッチングアプリも使えてなかったわ…

マッチングアプリでついにマッチングした!

友人の怒涛のダメ出しにより、俺のプロフィールはかなりマシになった。

というか、ほぼ写真を変えただけで相手からの「いいね!」も増え、自分から送った「いいね!」に「ありがとう」も貰えるように!

これはかなりの快挙!というか、やっぱりマッチングできると素直に嬉しい。

マッチングできずにすぐ飽きてしまっていたのはもったいなかったなと思う。

参考のためにマッチングまでにやったこと、友人のダメ出しにより改善したところをまとめておこう。

  • マッチングアプリの写真は誰かに撮ってもらう
  • 自己紹介文は気さくな雰囲気で仕事のことや趣味のことを書く
  • 自分から積極的にマッチングアプリを使う
  • ペアーズやるならコミュニティ加入必須

以上のことを徹底しておくだけで今までと段違いでマッチングアプリが面白い。

マッチングアプリって他にもかなり種類があるらしいが、基本的な部分を抑えておけば使える。

他にどんなマッチングアプリがあるのか知りたい人マッチングアプリを紹介しているサイトを参考にして欲しい。

かなり詳しく書いてあるのですごく参考になる。

マッチングアプリには婚活に使えるものから、ただ単に飲みにいける気軽な出会いを探すものもある。

まだペアーズでマッチングできた段階だが、ちょっと本腰を入れてマッチングアプリを使ってみようと思う。